裏声を出す(ファルセット)

裏声・ファルセットをコントロールできると

高音を使うことができ、また感情を表現しやすくなります。

一部分だけファルセットが入っていると

曲のその部分がすごく魅力的に感じることも多い気がします。

私も実際、バラードのサビの部分に

少しだけ入れたりして切なさを表現していました笑

ではどうやったらファルセットがでるのか。

実際にファルセットを使った曲を聴くと

どれも息がもれたような声の出し方をしていませんか。

そうなんです。息がポイントなのです。

この息をうまく使うことで

ファルセットと地声を使いわけることができます。

ただ、レッスンでは急にファルセットを使うために

やたらと息を「ハー」「ハー」と出していると

かなり喉に負担がかかってしまいます。

まずは発声をしながら

腹式呼吸と息の使い方を学び

少しづつ練習をしていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です