音域について

レッスンの初回に必ず音域を確認させてもらいます。

ほとんどの人が喉から声を出しているので

本来持っている声を出せていません。

本当はもっと低い声から高い声まで

でるのにもったいないことをしています。

レッスンではしっかり発声をすることで

最初の音域よりもレッスン後には音域が広がります。

楽器でも決められた音域しか

音をだすことができないものもあります。

でも声はいくらでも訓練することで広げることができます。

今だしている音域はあなたの限界ではありません。

でも無理に音域を広げようとすれば

喉を傷めてしまう可能性があります。

しっかりとした発声と腹式呼吸

息の使い方をマスターし

またファルセット(裏声)を使いこなせるようになれば

より高音もだしやすくなります。

まず自分の音域を一緒に確かめてみませんか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です