ブレスの練習

ブレスつまり息を吸うポイントを考えてみましょう。

特に速いテンポの曲や

全然息継ぎをしない人の曲

(息を吸っているがそう聴こえない)など

実際に歌うとき

息継ぎのポイントがわからないことがあります。

わからないので

とりあえず続くところまで歌ってみたりすると

言葉の切れる部分が不自然になります。

そうならないために

息継ぎのポイントを見つけてみましょう。

まず歌いたい曲をしっかり聴いて

どこで息継ぎをしているのか見つけてみます。

歌詞カードに

息継ぎマークをつけて歌ってみてもいいですね。

次に息の吸い方ですが基本は

「鼻から吸い口から吐く」です。

口から吐くは歌っているのでもちろんやっていますね。

でも息を吸うときも口から吸ってしまうと

せっかくいい位置で声を出していても

どんどんその位置が

高くなり息が吸いづらくなってきます。

つまり胸呼吸になりやすくなるのです。

なので最初は大変ですが

鼻で息をするよう心掛けてみてください。

 

慣れてくれば自分で呼吸を調整することができますし

最初の練習では歌手と同じポイントで

息継ぎをしていたが、私はここで吸わなくても大丈夫。

というふうに息継ぎポイントも調整できるようになります。

 

ぜひ歌うときはブレスのポイントも意識してみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です