歌の上達の一歩目は、自分の声を録音して聞いてみること

みなさんは自分の声や

歌声って聞いたことありますか?

最近はカラオケでも録音できますし

スマホでも録音することができます。

いい機会なので一度自分の声を録音してみてください!

いつも歌っている曲でもいいですし、自己紹介でもいいですし

まずは録音してみてください。

そして、一度自分の声を確認してからこの記事を読むと

より効果的ですよ!

 

【自分に聞こえている声と相手に聞こえている声】

みなさん、録音した自分の声を聞いてみていかがでしたか?

実際に自分が歌っている時に聞こえている声と

録音してあとから聞く声って違いませんか?

そうなんです。

全く違うんです!

 

自分が思っている自分の声と

周りの人に聞こえている声は全然違います!

それはなぜかというと、簡単に説明しますと

自分の声というのは、骨を通して伝わってくるものなので、

ほとんど口から発せられる声を聞いてはいません。

大声出したりは別ですが。。。

大きな音の中で、自分の声は聞こえるのに、相手の声は聞こえない。

という場面になったことはありませんか?

これは自分の声は頭蓋骨を通して響いて耳に入るために

起こることのなので、自分で聞こえている声はこもった声になります。

 

 

実際に聞いてみるとわかるんですが、

だいたいの人がやはり

こもった声の出し方をしています。

そうですね。

常にこもった声が自分に聞こえているので、

録音した声もこもってしまいます。

人間というのはとても素直な生き物なので、

聞こえた声や音などに慣れようとします。

頭蓋骨を通した声というのを普段聞いているので、

こもった声が自分の声として認識するので、

そのこもった声でも、しっかりと声がでていると勘違いしています。

しかし実際はまったく外に声がでていないので

周りの人には全然響いていません。

自分に聞こえてくる声を確認するのではなく

録音した声が他人が聞こえている自分の声だ

ということをよく理解してください、

そして、最初は声よりも身体の使い方を考えて声を出してみましょう。

通りの良い声というのは、喉元だけで出している声でなく

身体全体を使って出している声

であるということを理解してくださいね

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です